スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  ↑Top

2005'12.19 (Mon)

今あることを

この時もあの時も泣き叫ぶ怒声の渦。
耳を澄まそう。目を見開こう。その手で触れよう。
あらゆる事実を己のものにするのだ。
過去も今も未来も、少なくともこの地球上に生きる人間たちは苦しみの運命を背負い生き抜いているのだ。
そう、死ぬまで生きよう。
もう覚悟しよう。
生きていくことを。生きていることを。
今あることを。
スポンサーサイト
23:11  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。